おにぎり 胸焼け 原因

おにぎりによって胸焼けを発症する原因とは何か

スポンサーリンク

朝食や昼食に食べることが多いおにぎりという食べ物ですが、食べ方を間違えてしまうと胸焼けという症状を発症してしまうことがあります。
その原因について紹介していくと、主に急いで食べてしまうというケースが多くなっています。
おにぎりとはご飯の固まりのような食べ物であることから、人によってはよく噛まないで飲み込んでしまうことがあります。
ですがそうすると胃の中に多くの食べ物が入ることになるため、胃腸に大きな負担がかかってしまいます。
その結果食べ物を消化するまでの時間においては、一時的に気分が悪くなって胸焼けを発症してしまうことがあります。
この場合における対策として、きちんとおにぎりをよく口の中で噛んでから消化するように習慣を付けることがポイントです。
そうすることで胃腸に負担をかけなくすることが出来るので、胃もたれや胸焼けといった症状を発症しにくくなります。
なので朝食や昼食時においてこういったことを意識するだけでも、胃腸に負担をかけないで食事が出来るようになります。

スポンサーリンク

 胸焼けという症状を発症してしまう原因として、おにぎりのような食べ物の早食いというものが関係しています。
これは口の中でよく噛んで食べないことから、胃腸に負担がかかってしまうことが関係しています。
しかし原因についてはそれだけではなく、2つめの特徴として水分補給を食事の時にしないことがあげられます。
通常は食事をする時にお水やお茶などで水分補給をすることが多いですが、これは食べ物を上手に流し込む目的があります。
ですがこれを怠ってしまうことで、おにぎりなどの食べ物を綺麗に胃腸に流すことが出来なくなってしまいます。
そうなると食道や胃腸の機能が一時的に低下をしてしまい、急激に食べ物が体内に入ることで消化するまでに時間がかかってしまいます。
こういったことが原因につながることもあるため、必ずお水やお茶などと一緒におにぎりなどを食べるようにしていきます。
そうすることでも、食べ物を上手に胃腸の中で消化出来るようになります。

スポンサーリンク