パイナップル 胃痛 治し方

パイナップルが原因で胃痛を発症した時の治し方について

スポンサーリンク

パイナップルは甘く美味しいフルーツとなっており、南国の果物としても多くの方に好まれていることが特徴となっています。
しかしその一方で胃痛という症状を発症してしまうことがありますが、原因についてはパイナップルに含まれている消化酵素が関係しています。
消化酵素には食べ物を分解する働きがあるため、人によっては胃痛という症状を発症してしまうことがあります。
この場合における治し方として、1つめに食べ方を工夫するという方法があります。
パイナップルはフルーツとなっているため、多くの人はそのまま食べてしまうという傾向があります。
しかしそれだと消化酵素の影響によって胃痛になることがあるので、ポイントとして熱を通すことを心がけていきます。
熱を通すと作用が消失するという特徴が得られるため、それによって体調を悪化させる心配もなくなります。
これが1つめの有効な治し方となっており、このフルーツ以外にはイチジクやパパイヤなどにも消化酵素が含まれています。

スポンサーリンク

 2つめのパイナップルを食べて胃痛を発症した時の治し方として、食後にお水を飲んで口をゆすぐという方法があります。
口をお水でゆすぐことによって、パイナップルを食べたことによって摂取させた消化酵素を少なくすることが出来ます。
お水を飲むことで消化酵素を洗浄出来るようになるため、胃痛という症状についても発症しにくくなることがポイントです。
お水であれば問題ないため、水道水やミネラルウォーターなどを上手に活用することが出来ます。
ポイントとして、なるべく早めに口をお水でゆすぐということが重要となっています。
時間が経過しすぎてしまうと、パイナップルに含まれている消化酵素が胃腸の奥にまで入ってしまうからです。
また牛乳という飲み物についても、乳製品が多く含まれているため消化酵素の働きを抑制することが可能です。
ですが冷たいお水や牛乳を飲みすぎると下痢を発症してしまうので、その点においては十分に注意することが大切です。

スポンサーリンク