生理前 吐き気 ゲップ 原因

生理前に吐き気とゲップで苦しむ原因

スポンサーリンク

女性は毎月訪れる生理により、身体の不調を感じる人が少なくありません。
 情緒不安定になったり、貧血に苦しむなど、その都度うんざりさせられている人が多いのが現状です。
 しかし、世の中には生理前に吐き気やゲップに苦しまされている人もいます。
 今回はその生理前の体調不良の原因とその改善方法について説明していきます。
 プロスタグランジンというホルモンが、生理前に起きる吐き気と強く関係しています。
これは様々な役割を持つホルモンとして知られ、その中でも特に有名なのが、子宮収縮を促すという作用です。
経血を体外へ排出する準備をしてくれるのです。
 プロスタグランジンは、しかし子宮を収縮させるだけでなく、周囲にある他の器官も収縮させるという効果を持ちます。
 その結果、プロスタグランジンの分泌量が増える生理前になると、胃腸に代表される消化器官も一緒に刺激されて、吐き気とそれに伴うゲップの連発、その原因となるのです。
 これは冷え性で血行が悪い人ほど顕著になります。

スポンサーリンク

 吐き気やゲップの原因となるプロスタグランジンへの対処法としては、それの分泌を抑えるのが基本となります。
 そう記すと薬に頼る(特定の体内分泌物を精神力で押さえ込むなど不可能です)というイメージがわきますが、この場合は食事療法と血行改善を目指すことになります。
 食事療法は、子宮収縮を抑制する成分を持つものを摂取することがメインとなります。
どんなものにその成分が含まれているのかと言えば、大豆やアーモンドといった豆類、DHAやEPAを豊富に含んでいる青魚となります。
 これらの食材は入手や調理が容易なものが多いので、生理前には積極的に取るようにしましょう。
 血行改善策としては、適度な運動と入浴が有効となります。
そう記すと、一般的なそれと変わらない感じがしますが、基本は同じとなります。
 お灸を用いても改善されることがあるので、自分の体質や好みに合ったものを無理のない範囲でやりましょう。
 ストレスを感じることも血行を悪化させる原因になるため、なるべくリラックスするのも重要です。

スポンサーリンク