げっぷが止まらない 子ども 病気

子どものげっぷが止まらないのは病気なのか

スポンサーリンク

子どもでもげっぷが止まらないという症状は比較的みられる症状です。
成人ではげっぷが止まらない症状があると、胃腸の病気や逆流性食道炎なども疑われるのですが、子どもの場合にはあまり逆流性食道炎という病気は稀なので、胃軸捻転や呑気症を疑う必要があります。
乳幼児や小学生でもありえる症状なのですが、年齢によって考えられる病気が違います。
新生児の場合には胃軸捻転という胃の一部がねじれてしまって消化を妨げてしまう病気が疑われます。
症状はげっぷの他に嘔吐や腹痛の他におならなども多くなります。
基本的な対処方法としては生活習慣の改善で自然治癒する事が多く、寝る時などの姿勢を工夫する事で症状が良くなりまが、症状が強い場合には浣腸などで消化を助ける事も必要になります。
他にも腸の神経障害などの可能性もある事からげっぷが止まらないというような症状がある場合には小児科を受診して画像診断などで原因をはっきりとさせる必要があります。

スポンサーリンク

小学生くらいの子どもでげっぷが止まらないという症状がある場合の多くは呑気症が疑われます。
この病気は大人でもありますが、食事の時などに普通よりも多くの空気を体内に飲み込んでしまい、その空気が胃や腸などにたまりその結果げっぷやおならといった症状が主な原因です。
この病気は食事などだけでなく、緊張やストレスが原因でなることもあるのでその場合には精神的な治療を考えなくてはなりまんし、噛み合わせが原因の時もあるので歯科の受診も必要になる事もあります。
げっぷが臭かったり、胃もたれ、腹痛などの症状がある場合には胃腸の疾患という事も考えられます。
腹痛過敏性大腸炎や胃潰瘍なども考えられるので小児科を受診して治療をする必要があります。
原因と対処法としては、ストレスが原因になっている事も多いのでできるだけリラックスできる環境をつくってあげることも重要ですし早寝早起きをはじめとした規則正しい生活と食事はある程度バランスに気を使い食べ過ぎのないようにする事で症状はやわらぐ事もあります。
ただし精神的な原因が大きいので過度の制限はマイナス効果になる可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク