臨月 ゲップ 止まらない

臨月にゲップが止まらない場合

スポンサーリンク

妊娠中に胃のトラブルに見舞われる女性は少なくありません。
いわゆるつわりで苦しみ、ご飯の臭いをかぐのも嫌になったという経験を持つ方は、経産婦であれば珍しくないでしょう。
 しかし、つわりを過ぎてしまえば、胃の不調から完全に開放されるのかと言えば、実はそうでもありません。
 臨月を迎えた頃に、ゲップが止まらないという症状を訴える人が実際多数います。
 今回は何故臨月の妊婦が胃の不調に苦しむのか、その理由や原因について説明していきます。
 妊娠初期に見られるつわりで起きる症状としては、胸焼けや吐き気があげられます。
しかし胃痛やゲップの連発を訴える人はいません。
 これは妊娠が後期を迎えると、腹部にある胎児が大きくなり、それが胃を強く圧迫するようになるからです。
 胃が物理的に圧迫されるから痛みを感じると言えば、自体は単純なようですが、圧迫され続けた胃がそれにより不調を起こし、胃酸が逆流するようになると言えば、無視できない事態なのが分かります。

スポンサーリンク

 胃酸が逆流すると言えば、逆流性食道炎となります。
これは胃の内容物が食道に逆流し、そこの粘膜に炎症を起こさせる病気です。
 広く知られているように、胃は数々の防御機構により守られていますが、食道はそんなことがないため、胃酸がそこを通る度に荒れていきます。
 そのような状態が続くと、ストレスをため込む人が多いため、それが更に胃の調子を悪化させていくという悪循環を生み出します。
 ストレスにより胃もたれとなると、それによりゲップが止まらないという状態を招きます(一度こうなるとなかなか抜け出せないようになるため、注意が必要です)。
 出産を間近に控えた妊婦が多大なストレスを抱え込むと、胎児や母体によくないため、周りも気をつけねばなりません。
 なお、改善方法としては、食事を小分けにして一度にたくさん食べないようにするのが有効です。
これはつわりで苦しむ人にも言えるのですが、胃に一気に食べ物を入れると、消化不良を起こして気持ち悪くなりがちです。
一日6食を目処にして、分けて食べるようにしましょう。
 臨月の妊婦がゲップが止まらないという場合は、単なる気のせいではなく、物理的な原因があります。
そこを踏まえた上で接しましょう。

スポンサーリンク