ゲップが出ない 苦しい 対処法

ゲップが出ない症状で苦しいときの対処法

スポンサーリンク

人前で堂々とゲップをするのはマナー違反に当たるため、それを控えている人が大半です。
しかし出そうと意識しているのに、ゲップが出ない、苦しいとなれば、それは病気の可能性があります。
 今回はその病気と、それらに対する対処法を説明していきます。
 まず、ゲップがどうして出るのかと言いますと、口から飲み込んだ空気を排出する場合と、胃腸で発生したガスが胃にたまり、胃が収縮した際にガスを排出するから、と言えます。
 そして、ゲップが出なくなる原因としては、胃の収縮機能が弱まっている、胃噴門部(食道と胃の接合部分)に何かしらの異常があり、胃から空気が出にくくなっているの二点が考えられます。
 では、胃の収縮機能が弱まる病気とは何かと言いますと、胃潰瘍・胃炎・胃下垂があげられます。
 この中でも胃に深刻なダメージを与えるのは胃潰瘍です。
ストレスや暴飲暴食などから胃壁が弱まって胃酸に負けてしまい、胃全体が傷つきます。
しかも放置しておくと胃がんになる可能性のある、恐ろしい病気なのです。
 単にゲップが出ないから苦しいと考えるのではなく、専門医の診察を受けるなど、きちんとした対処法を確立する必要があります。

スポンサーリンク

 胃噴門部の異常は、逆流性食道炎と食道アカラシアにより引き起こされます。
 逆流性食道炎は、名前にあるように、胃から食道に逆流が起こり、そこを傷つけ、炎症を起こさせる病気です。
 食道は胃壁とは違い酸に弱く、そのためダメージが蓄積されていき、その結果、ゲップが出にくくなるのです。
 食道アカラシアは、ゲップが出ないという症状の他に、食道部分に強い痛みを感じるのが特徴です。
 下部食道括約筋という、胃と食道との連動において重要な役割を果たしている筋肉が機能不全に陥る病気です。
 逆流性食道炎や食道アカラシアが疑われる場合は、内科や消化器内科を受診するようにしましょう。
 喉までゲップが来ているのに、それが出てこなくて苦しいという場合は、咽喉頭異常感症を患っているのかも知れません。
これはヒステリー球症とも呼ばれており、喉奥に違和感を感じる病気です。
 これの対処法としては、頭を振ってみたり、ジャンプしてみたりと、何らかの刺激を与えるとよいでしょう。
そうすればゲップが出ることが多いです。
 ストレスが原因で発症する場合もありますが、喉に炎症があり、そうなっている可能性も無視できないため、耳鼻咽喉科で調べてみた方がよいでしょう。

スポンサーリンク