ゲップが出そうで出ない 逆流性食道炎

ゲップが出そうで出ない症状と逆流性食道炎について

スポンサーリンク

食事の際に食べ過ぎてゲップが出るということは決して珍しくありません。
また、それよりやや程度が軽い感じで、ゲップが出そうで出ないということもあります。
これは食事中に食べ物と一緒に空気を取り込んでしまっていることが原因です。
それを体外に排出しようとする反応がゲップとして表れているのです。
こうした反応は誰にでも起こり得ることなので、特別心配する必要はありません。
しかし、こうした症状がいつまでも続いたり、食事とは関係のないタイミングで起きる場合には、身体に何らかの異変がある可能性を考慮しなければいけません。
ゲップが出そうで出ないとか何度も出る場合、考えられる病気のひとつとして逆流性食道炎が挙げられます。
逆流性食道炎は内視鏡検査で明確な炎症が見受けられないケースもあります。
そのため、逆流性食道炎の判定をするにあたっては、組織の一部を採取する生検や内視鏡検査の他、プロトンポンプ阻害薬を用いた検査が行われることもあります。

スポンサーリンク

ゲップが出たり、ゲップが出そうで出ないなど、口まで酸っぱい液体がこみ上げてくるような症状は呑酸と呼ばれ、酷い場合には嘔吐するケースもあります。
症状が軽い場合にはなかなか病院に通うという人は多くないのですが、逆流性食道炎を放置するとがん細胞が生まれるリスクが高まるとされています。
胃酸が食道を逆流することによって、食道の細胞が変質してしまうのです。
通常、食道と胃を繋いでいる部分の筋肉が胃酸の逆流を防いでいるのですが、食道ヘルニアや肥満、加齢などが原因となって胃酸が逆流すると考えられています。
食後に横になった時に胃酸が上がってくるのを感じる場合は、逆流性食道炎の可能性もあるのですぐに病院で検査を受けることが大切です。
薬による治療にはH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬が用いられます。
また、生活習慣を見直すことも有効な方法のひとつです。
食事を改善すれば、逆流性食道炎の元となる胃酸の生成を抑えることができます。

スポンサーリンク