お酒 胸焼け 対処

お酒の胸焼け対処法について

スポンサーリンク

忘年会や新年会が行われるときには、たくさんのお酒を飲むようになっています。
年末年始を始め、1年のなかで暴飲暴食をしてしまうことがあります。
その結果、調子が悪くなって気分が悪くなるというような経験をしたことがある人が多くなっています。
この時には胃もたれや胸焼けというような症状が現れるようになっています。
お酒をたくさん飲むことで、胃もたれや胸焼けが発生してしまいます。
水は一度にたくさん飲むことができませんが、お酒の場合は何杯も飲めるという人が少なくありません。
それはなぜなのかというと、次のような理由があります。
アルコールは胃と腸で吸収されるようになっているので、胃にたまりにくくなっています。
またアルコールには利尿作用があるということで、水とは異なり一度にたくさん飲むことができるようになっています。
しかしこれが胸焼けを引き起こす原因となっています。
胸焼けとはどのような症状かというと、胃酸が胃から食道に逆流することで発生するようになっています。

スポンサーリンク

胸焼けが発生したときの対処法としては次のようになっています。
対処法としては、基本的には暴飲暴食を避けるようにします。
ガムを噛んだりホットミルクを飲むなどで胃酸を中和させることができます。
ガムを噛むことで唾液が出てくるようになっていますが、これは弱アルカリ性となっています。
したがって強い酸性の胃酸を中和させる効果があります。
その結果炎症の程度を軽くしたり予防をすることが期待されています。
唾液のなかにはアミラーゼというデンプン分解酵素が含まれているので、唾液がたくさん分泌されることで、消化も早くすすめることができます。
したがって対処法としては、胃酸がたくさん分泌されるという食後2時間以内を目安にして、ガムを噛むようにします。
これは暴飲暴食による一時的な胸焼けの対処法となっています。
しかし慢性的な症状が続くという場合には、病院を受診するようにします。
お酒を飲むときには、消化を助ける食べ物も一緒に食べるようにします。

スポンサーリンク