臨月 胸焼け 飲み物 食べ物

臨月の胸焼けに適した飲み物や食べ物

スポンサーリンク

臨月になると胎児が大きく成長する為に胃を内部から圧迫した状態となり胃酸が逆流しやすくなります。
更に胃の位置が上に押し上げられてしまう事から消化機能が低下し、消化不良を引き起こしやすくなるのです。
臨月になれば胸焼けに悩ませられると言った妊婦が多いのですが、これらの原因が胸焼けを引き起こす最大の理由となります。
胸焼けを引き起こし辛いと言った場合には、消化に良い食べ物を摂取する必要があります。
食材を柔らかく煮込む、小さく切る、すりおろすと言った様に調理法に一工夫加える事で消化吸収を手助けをする事が可能となります。
症状が辛いと言った場合には、まず柔らかく煮込んだ野菜スープやうどん、お粥、雑炊等の食べ物を中心に摂取していくと良いでしょう。
揚げ物やステーキ等の脂質が多い料理は、消化不良を引き起こしやすく胃に負担をかけてしまう為に控えなければなりません。
そして香辛料等の刺激物、酸の強い食べ物も控える必要性が出てきます。

スポンサーリンク

胸焼けに効果的な飲み物として知られているのが牛乳です。
牛乳には胃酸から胃の粘膜を守る効果がある為に症状を改善させる飲み物として適しています。
そして同じ乳製品である飲むタイプのヨーグルトにも胸焼けを改善させる働きがありそれは胃酸を中和させる効果があるからです。
しかし胸焼けを改善させる場合には、冷たい飲み物や熱い飲み物は胃に刺激を与える為に避ける必要があり、人肌程度の温度が1番適しています。
そして胃酸の逆流を防ぐ為には上体を起こした状態を保つ事が必要となります。
横になれば胃酸が逆流しやすい状態となり喉がヒリヒリとする、口の中に酸っぱいものがこみ上げてくると言った状態となるケースが非常に多いのです。
大きめのクッションを背もたれとして使用し胃酸の逆流を防ぎ臨月の時期をしのいだと言う方も多く見られます。
しかし症状が辛すぎて食事や睡眠に支障があると言った場合には医師に相談する必要があります。
症状が酷い場合には、病院で胃薬が処方され劇的に症状を改善させる事が可能であり胎児に対する悪影響を心配する必要もありません。

スポンサーリンク