妊婦 胸焼け 飲み物

妊婦の胸焼けに効果的な飲み物

スポンサーリンク

妊娠するとホルモンバランスが急激に変化する為に大きく体調が変化します。
多くの妊婦な悩ませられる代表的な症状としてつわりがありますが、早い方で4週目位から感じられる様になり8週目位からピークを迎えます。
胎盤が完成する12週から15週目頃には妊娠ホルモンの分泌量が安定してくる為につわりの症状が一度改善される場合が多いのですが、臨月を迎えると、つわりの症状をぶり返すと言ったケースも多くこれを後期つわりと呼びます。
つわりの症状の代表的な症状は胸焼けです。
胸焼けの感じ方にも大きな個人差がありますが妊娠初期から見られるものでは、胃がムカムカとする為に食べ物を受け付けない、空腹の状態になると吐き気を感じると言うものです。
後期に見られる症状では、胃酸が口の中まで逆流してくる、喉にヒリヒリとした痛みを感じる、胃痛を感じると言った症状が見られます。
妊娠週数に応じて感じられる胸焼けの症状には変化があり原因も異なります。

スポンサーリンク

妊娠初期の妊婦がつわりによる胸焼けを引き起こすくわしい原因は解明されておらず治療法もありません。
症状を改善させる為には、うどんやお粥等の消化に良い食べ物を摂取し、牛乳や飲むタイプのヨーグルト等の飲み物が良いとされています。
つわりの時期は消化に良い食べ物を心がけ、胃の粘膜を守る牛乳や胃酸を中和させる働きを持つヨーグルト等の飲み物で辛い症状を改善させこの時期を上手く乗り切らなければなりません。
そして後期つわりの原因は胎児が大きくなるにつれて胃を圧迫し胃酸の逆流による胸焼けが見られます。
こう言った場合には胃の圧迫を防ぐ為に食事を小分けにして摂取する、上体を起こしたままで休むと言った対処が必要となります。
多くの妊婦に見られる胸焼けへ対する対処として食事や飲み物を工夫して摂取していくと言う事が基本となるのです。
しかし症状があまりにも辛く水さえも受け付けない、睡眠不足に陥る、体重が短期間で大きく減少すると言った場合には治療が必要となる場合もありますから、主治医に一度相談しなければなりません。

スポンサーリンク