つわり 胸焼け 解消

つわりによる胸焼けを解消する為には

スポンサーリンク

つわりは妊娠初期症状の一つでもあり、殆どの方が経験します。
このつわりの始まりと終わりには大きな個人差がありますが、早い方で4週目位に始まり8週目位にピークを迎え胎盤が完成する時期である12週から15週目に終わると言った方が殆どです。
このつわりの詳しい原因は解明されていないのが現状であり、様々な説が存在していますが妊娠により分泌されるhcgホルモンの影響が関係していると言う説が最も有力視されています。
その理由として、hcgホルモンは受精卵が子宮に着床した直後から分泌され8週目が最も分泌量が多くなり、胎盤が完成する12週から15週目から安定する為であり、つわりの症状がこのhcgホルモンの分泌量に比例していると言う事に繋がるからです。
つわりの症状とは胸焼け、よだれの増加、匂いに敏感になる、強い眠気等です。
しかしこの症状の感じ方にも個人差があり、空腹の際にだけ胸焼けを感じると言ったケースもあれば、常に胸焼けがあり全く食事をとる事が出来ないと言ったケースまで様々です。

スポンサーリンク

この胸焼けを解消させるには、まず自分がどのタイプの症状であるのかを知る必要がでてきます。
空腹の際にだけ胸焼けを感じると言う症状を解消させるには、空腹を避ける為に食事を小分けにして摂取すると言った対処法が効果的です。
小さなおにぎりやクッキー等手軽に口に出来るものを常に用意しておき空腹を感じる前に少しずつ摂取すると良いでしょう。
唾液の分泌が多く口の中に不快感を感じる場合には飴を舐める事で不快感を解消させる事が出来ます。
そして常に胸焼けに悩ませられ食事をするのが苦痛であると言った場合には、柔らかく煮たうどんやお粥、野菜スープ等調理法に工夫を行う事で摂取しやすくなります。
そしてつわりの時期は食品に対する好みがガラリと変わり酸味の強い食品や口当たりの良い食品を好む方が多く、トマトやグレープフルーツ、梅干し、アイスクリーム、ヨーグルト等が好まれる傾向にあります。
まず自身が食べられる食材を知りトマトをスープにする、おにぎりの中に梅干しを入れる等のように調理法に工夫してこの時期を乗り切る事が重要となります。

スポンサーリンク